HPへ戻る

<< 港区芝の「いろは芸術祭」に映画「こんにちは歌舞伎」出展! | main | 三鷹市立第七小学校にて「こんにちは歌舞伎の授業」2日目を開催! >>
三鷹市立第七小学校にて「こんにちは歌舞伎の授業」開催!
 2009年10月26日(月)、三鷹中央学園三鷹市立第七小学校にて、野田香里監督が教壇に立ち「こんにちは歌舞伎の授業」を行いました。

 小学6年生の児童は、野田香里「先生」の熱い語りに一人一人巻き込まれ、歌舞伎の魅力、地方歌舞伎で地元の子供たちが頑張っている様子、そして一番訴えた かった「カッコいい人」を目指してほしい、というメッセージは、受講した児童一人一人の心に確実に伝わり、感動の種を残していたようです。

 校長先生、副校長先生はじめ各先生方からも、「カッコいい人」という面から歌舞伎を語る、その切り口が斬新で驚きだったという感想をいただきました。

 「こんにちは歌舞伎の授業」の企画に共感していただき、このような貴重な機会をくださった、第七小学校の松原邦宜校長、そして関係者の皆様に心より感謝いたします。

 なお、10月30日(金)には同校にて「こんにちは歌舞伎の授業」の第2弾として、講義スタイルではなくて、実際に群馬県みなかみ町のこども歌舞伎を指導 されている三枡京昇・清次郎さんら歌舞伎関係者が来校し、「歌舞伎の生体験授業」が行われることになっています。きっと第七小学校の児童たちの心に「かっ こよさ」が体験を通じてさらに直接響くことになるでしょう。
お知らせ 00:07 -